弁護士・大城聡

お問合わせ・アクセス

名前 大城 聡(おおしろ さとる)
略歴 1974年東京都生まれ。中央大学法学部政治学科卒業。

大学時代は、テニスと国際問題に力をいれていました。第4回国連女性会議(1995年・北京)、第2回国連人間居住会議(1996年・イスタンブール)に参加。世界各地から集まった市民が各国政府と対等に交渉する姿を見て、草の根から社会を変える力を実感しました。

中央大学大学院法学研究科政治学専攻(修士課程)へ進み、大学院では選挙支援のボランティアをしながら、地方自治、政治参加を中心に勉強しました。この間に武蔵野市情報公開条例改正検討懇談会公募委員を務めました。

2001年に東京都議会議員選挙に立候補(次点で落選)。選挙区に、ハンセン病の施設がありました。ハンセン病に対する国の施策の誤りを正した裁判で、法律の力、司法の本来の役割を知ったのが、法律家を志す原点となりました。

株式会社市進学院での勤務を経て、ロースクール一期生として山梨学院大学法科大学院に入学。山梨では徹底した少人数教育によって、法律の基礎から法律家としての心構え・姿勢まで、多くのことを学びました。法科大学院の後輩たちに教えることで少しでも恩返しができればと思いから、現在はチューターとして関わっています。

2008年から現在に至るまで東京千代田法律事務所で、弁護士として民事事件、刑事事件、行政事件等に取り組んでいます(東京弁護士会所属)。

2009年には、裁判員制度の開始にあわせて、一般社団法人裁判員ネットを設立し、市民の視点から裁判員制度を考える活動を継続しています。

2011年の東日本大震災後は、福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(SAFLAN)の事務局長として、原発事故被災者の支援に取り組んでいます。
公益活動・学会等 ・一般社団法人裁判員ネット(代表理事)
・裁判員経験者ネットワーク(共同代表世話人)
・福島の子どもたちを守る法律家ネットワーク(事務局長)
・山梨学院大学法科大学院(チューター)
・民事訴訟法学会
・法と教育学会
著書 ・『良心的裁判員拒否と責任ある参加-市民社会の中の裁判員制度』(公人の友社 2009年)
・『裁判員制度と知る権利』(共著 現代書館 2009年)
論文・寄稿 ・「チェルノブイリとふくしま-原発事故子ども・被災者支援法を阻む壁を打ち破るために」(DAYS JAPAN 2013年6月号)
・「刑事裁判の「担い手」としての市民」(『都市問題』2012年5月号)など

→論文・寄稿
メディア ・テレビ朝日「モーニングバード」(2013年10月9日)
・TOKYO FM「TIME LINE-今日のニュースと考えるヒント」(2013年5月29日)
・西日本新聞(2013年5月21日)
・毎日新聞(2013年5月19日)など

→メディア
趣味 ・テニス…高校時代はテニス部、大学ではテニスサークルに所属していました。現在は、時々仲間と練習をしています。
・読書…ドストエフスキーから司馬遼太郎やビジネス書まで、気に入った本は何度も読み返します。作家では、ほかに遠藤周作、村上春樹も好きです。
・お酒…みんなでワイワイ飲むのも楽しいですが、お酒を飲みながらゆっくり語り合うのがとても好きです。日本酒(純米酒)が特に好きです。
好きな言葉 ・一隅を照らす
・人事を尽くして天命を待つ
ひとこと 苦しみと悩みの中にいる人の力になりたい。法律が持つ力を、良い方向に使いたい。その思いで法律家を志しました。ハンセン病の元患者の方々とお会いして、強制的な隔離が法律によって行われていたことを知り、とてもショックを受けました。一方、熊本地裁の判決をきっかけに、国が謝罪し、国の施策の誤りが正されたことを知りました。法律は諸刃の剣です。法律には、人生を壊す力も、人を守る力もあると思うのです。本当に困っている人、苦しんでいる人のために、法律を使って役立ちたい。それが私の原点です。

弁護士の仕事は、法律と言葉を武器に、人を護ることです。悩みや苦しみを抱えている人の力になれるように、日々研鑽していきたいと思っています。